子育てサロンで盛り上がり気づき学ぶことができました

 

今日は月2回の子育てサロンでした。

この活動は「なごや婚育プロジェクト」として夫婦問題が深刻化しないよう予防のためにしています。

 

10か月の女の子を連れてきたママと話していて、

「年中のお兄ちゃんとお父さんと4人で公園に行くと、一番先にお父さんが飽きちゃって時計を見てつまらなそうにしてひとりで車に乗っちゃうんです。それで車でスマホゲームをしてるんです。信じられません!プンプン

車でスマホ

 

「お兄ちゃんと先にお風呂から上がったお父さんに次は娘を上げてもらおうと思ったら、今自分のつめ切ってるから待ってって言うんです。びっくりしましたびっくり

「親が二人に子ども二人じゃなくて、それじゃあ子ども三人だね。」

「学生バイトに仕事教える気持ちでやらないとくじけるね。」

「ネットでイクメンアピールみてうらやましくなるけど、そうそう使えるイクメンはいないらしいよ。」

などと毒づきながらも、言いたいことを言いながらコミュニケーションをとれていることが素晴らしいことであることを伝えたりします。

 

そんなパパに共通することは、そのお母さんが世話焼きなこと。

お父さんに手を出させず家での子育てを一気に引き受けやってしまうので、父親の子どもとのかかわり方が分からないのです。

パパは子育ては母親の仕事だという常識のなかで育ち、悪気無く妻に子育てを任せてしまいます。

もっといけない場合は、姑となっても息子に子育てをさせずに孫の面倒を買って出てくる場合。

同居していたり近くに住んでいると、良かれと思い手伝ってくれます。

パパがやろうと思うと見ていられず先回りして世話を焼き、パパのやる気や仕事を奪います。

結局ダメパパを育成してしまい、嫁に心身ともに負担をかけます。

 

そんな話をしていた時にふとわが身を振り返った吉川カウンセラー。

さかのぼる事25年、出産後家に戻った後も自分の母親が家に手伝いに来てくれました。

沐浴

 

「沐浴は昼間の暖かい時にしなくちゃね。」とせっせと赤ちゃんをお風呂に入れてくれます。

子どもをお風呂に入れようと楽しみに帰ってきたパパはがっかりし、「もう俺の出る幕は無いんだ。」と心に決めてしまいます。

その時はなにも手伝ってくれないパパだと思っていたそうですが、離婚した後穏やかに話ができた時初めて思いを聞いたそうです。

 

現在娘が妊娠中、母性本能が人一倍強いので、今から忙しい忙しいラブと舞い上がっています。

私がいくら「娘の事より自分のやるべきことあるんじゃないの?あとあと娘に迷惑かけるよ。」と言っても、元夫の思いを聞いてもピンとこなっかったようですが、今日子育てママの話を聞きながら「姑でも親でも一緒。自分が手を出しすぎることは最終的には娘のためにならない。黒子として行動しよう。」と気づいたようです。

良いことも悪いことも親から子へまた親から子へと連鎖します。

良い伝統は受け継ぎ、そうでないことは変えていきたいものですニコニコ

 

子育てママのお悩み相談サロンで笑顔が広がります

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

毎月第一水曜日と第三金曜日の午前、名古屋市西区の幅下コミセンにいます。

 

今日はベテラン吉川カウンセラーと二人体制、吉川カウンセラーは愛情あふれる女性で、7月に生まれる初孫を想像し、赤ちゃんを見るだけで目がドキドキになってしまいますラブ

 

子育て中にパパとのトラブルで悩むママたちに少しでも笑顔ニコニコになってほしいと願って活動しています。

子育てサロン

 

お子ちゃまパパ、セックスレス、産後クライシス離婚問題に発展しそうなものなど、いろいろなお悩みを相談しに来てくれます。

「普通の子育て相談でなんでも相談してねと言われても、他のお母さんの相談内容を聞いているととても言い出せませんショボーン

「性のことだと母にも相談できなくて困っていましたえー

 

特にアウェイ育児孤育て育児は相談する人がいなくて辛い思いをしています。

担当している3人のカウンセラー(吉川、桃沢、今枝)は夫婦問題のプロで普段は有料で様々な深い離婚問題にお答えしていますので、答えられない相談はありません。

 

深刻な問題でも明るく元気が湧いてくるように流れ星ワイワイ話ながら解決していきますので、お任せください。

 

昨日はチラシを置かせてもらっている758キッズステーションの保育士さんとお話ししていたのですが、「すごく結果が出ていますねニコニコ」と言っていただけましたし、コミセンで他の子育てボランティアをしてみえる方皆さんにも「そういう相談できるのっていいよねグリーンハーツ私は答えられないわびっくり」と賛同していただけます。

 

私の力不足で、このブログを目にしてくださる方はまだまだ本当に少ないので、子育て中のママのお知り合いがいたらぜひ「こんなところあるんだって」とお知らせください。

 

結婚5年未満の離婚が一番多いですし、妊娠出産後のトラブルが何十年後もずっと尾を引き離婚になるケースも本当に多くみられます。

 

しなくてもいい離婚はする必要はありません。

 

0、1、2歳のママたち、子どもに一番愛情をかけたい時期にパパとの問題で悩んでいてはもったいないです。

たいしたことなくても、予防のためでもいいから話に来てくださいねキラキラ

0301コミセンチラシ

 

 

『大人のための結婚教育講座』

・婚育100年プロジェクト®  幼児から思春期

・幼児から思春期の家庭で必要な性の話

日時:3月5日(土)10:00~11:30

場所:ウィルあいち 2階 セミナールーム4

参加費:1000円

申込み:お問合せフォームにセミナー参加とお書きください

 

HP 夫婦問題相談室 リボーン

 

ブログ 「性(SEX)と結婚教育」夫婦問題の現場から

 

 

 

妊娠中・出産後の夫婦のトラブルが一生のしこりとならない前に予防しましょう

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

「離婚したほうがいいのか、我慢するべきなのか悩んでいます。」

「とにかくムカつくんです。顔を見るのも嫌です。」

「ケンカさえしなくなりました、毎日の空気感がたまりません。」

 

相談に訪れる方の知り合ってからの経緯をお聞きすると、多くの方が妊娠出産をきっかけに夫婦の仲がズレはじめて行きます。

 

「辛い気持ちを分かってくれなかった。」

「大変な時に手伝ってくれなかった。」

「セックスがどうしてもイヤで、それ以来関係性が悪くなった。」

 

「こんなことになるなら、あの時に戻ってやり直したい。」

「あの時に知っていたら、あんな思いにならなかったのに。」

 

悩んでいる先輩ママたちの教訓を生かして、今の悩みを軽くしませんか?

たくさんの先輩ママたちの悩みを聞いてきた私が、みんな同じ悩みを抱えていることをお話しします。

何でそんなことになっちゃうのかお話しします。

 

みんな一緒です。

ひとりで悩んでないで、自分のことを話してみませんか?

キャプチャ

 通常はカウンセリングルームで有料でカウンセリングしていますが、この活動は夫婦間トラブルを予防できないかと考え、「子育てママの夫婦のお悩み相談サロンボランティアグループ」として、名古屋市社会福祉協議会の助成を受けて運営していきます。

 

カフェインレスコーヒーと無農薬紅茶の準備をして待っていますね。

お近くの子育てママさん、一度のぞきに来てください。

 

アウェイ育児でSNS疲れをしているママたちへ

子育てママの 夫婦のお悩み相談サロン

ボランティアグループ 代表 今枝朱美です。

 

今月の相談サロンに来てくれたのは、7か月の男の子とママでした。

ママと赤ちゃん

 

ご主人の転勤で東京から名古屋に引っ越してきて、

実家はさらに遠いので、名古屋に親戚や友人はいません。

積極的に近くの子育てコミュニティーに参加してお子さんを遊ばせているそうですが、

今回はそこではなかなか話せない、パパとのことを話しに来てくれました。

 

今、Eテレの「すくすく子育て」を見てたのですが、地元ではない場所で子育てをすることを「アウェイ育児」って言うんですね。

現在アウェイ育児で「孤育て」をしているママたちが頼るのはSNSで、たくさんの仲間とつながることができ、便利なグッズや子育てのリアルな情報をスマホで簡単に手に入れられます。

スマホ女性女の赤ちゃん

 

便利な反面、みんなの投稿するキラキラ子育てに落ち込み、グチを投稿すれば叩かれさらに落ち込むそうです。

SNSとはそんなものだと割り切って、グチは相談サロンで直接話すのが一番です。

 

辛いこと、悲しいこと、腹立つこと、恥ずかしいこと、何でも聞いちゃいます。

パパとの性の悩みを聞いてあげたいのが一番の目的ですが、子育て経験はもちろん孫も4人いますので、お姑さんの事もグチグチ言っても大丈夫ですよ。

今回参加してくれた吉川カウンセラーは、最近娘さんが結婚したばかりなので、孫を想像してか赤ちゃんがかわいくて仕方がない様子だったので、抱っこもさせてくださいね。

キャプチャ

次回は11月2日(水)、連絡お待ちしています。

 

 

ふんわりリボン10月29日(土)名古屋ウィルあいち結婚教育基礎講座Ⅰ

 

ふんわりリボン夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

ふんわりリボンブログ 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

私の常識はあなたの常識ではありません

夫婦問題相談室 リボーン 今枝朱美です

楽しみにしていた娘の子どもが生まれました。

IMG_2197

 

二人目は女の子。かわいい

病院に着いてトイレに行く間もなく、分娩台に上がり15分で出産。

お~~~こわ。途中で出なくてよかった。

病院が近いので、カウンセリング後にかけつけ、3時間後には抱っこできました。

2日目も会いに行ったんだけど、ちょっと便秘ぎみらしい。

めん棒でこちょこちょしてもらって、ちょっと出たらしいんだけど、

「おしっこもあんまり出ないんだよね~。」

と言っています。

おっぱい少ししか飲んでないからかな?と思っていたら

「うんちは出ても、前はぬれてないんだよね。」

? ? ?

「男の子じゃないから、前はぬれないよ。」

「え~~~!そういえばそうだよね。そうだ、そうだ、おしっこしてたかもしれない!」

なんじゃそれ!?

びっくりするわ。

いくら上の子は男の子だからって、それくらい常識でしょ!

と思うけど、女の子のママになったのは生まれて初めてだから・・・しかたないか。

ちょっと天然すぎるとは思うけど、失敗して覚えればいいし、

かわいいかわいいで育っていくもんです。

経験のあるおばあちゃんの常識は、初めてのママの常識ではありません。

あらためて娘に教えてもらいました。

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

ページの先頭へ戻る