私の熟年離婚から思うことをお話しします

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

私は結婚24年目の48歳の時に離婚したので熟年離婚にあたります。

(一般的には20年以上の結婚生活ののちに離婚した夫婦。)

熟年離婚は25年前の7割増、妻から切り出すだけではなく、夫から突然言われるケースも増えています。

 

私の場合はちょっとした言葉の行き違いから溝が広がり・・・修復できなくなりました。

24歳手前で結婚し、それまでの四半世紀を私の生まれ育った家庭での生活とし。

24年間の結婚生活で3人の子どもを成人させ、四半世紀を夫と子どもたちとの家族での生活とし。

その後の生活を新たな私の生活と考え、自分で決めたことなので自分で何とかするしかないと思っています。

 

私の方の両親や親族にはほとんど離婚した人がいない中での離婚だったので、誰にも話すことができず5年ほどは自分の中で考える日々でした。

心配

 

別居はまだしも離婚のハードルはかなり高かったように思います。

 

一方、離婚を身近に見ている人の中には離婚を気軽に口のする人が多いように感じます。

 

結婚してみてわかる「結婚はゴールではなくスタートである。」と同じように、離婚してしまえばスッキリして新しい人生が始まるわけではなく、さらなる試練が始まる場合もあるのです。

 

気持ち、健康、子ども、お金、仕事、老後、、、

損得で決めることではありませんが、よく考えてみる必要があります。

 

今まで当たり前だった幸せに気づかず見落としていることもよ~~~くあります。

 

私が体験して思う事、相談事例から考えられることなどをお伝えしています。

弁護士のように依頼者の味方になり相手と戦う訳ではない場合もありますが、敵をつくり勝利すれば幸せになるわけでもありません。

あなたの気持ちを最優先に考え、子どもやパートナーや両家のご両親など、周りの人にとっても最終的に最適だと思うお話しができればと思っています。

 

 

 

『大人のための結婚教育講座』★第3回

・婚育100年プロジェクト®  恋愛・新婚の時期

・男女の素晴らしさを知る性の話

日時:4月15日(土)14時~15時30分

場所:ウィルあいち 2階 セミナールーム4

参加費:1000円

申込み:お問合せフォームにセミナー参加とお書きください

 

HP 夫婦問題相談室 リボーン

 

面会交流支援をさせていただいて思う事

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

ご縁がありまして 日本ファミリービジテーションセンター FVS/Family Visitation Support network〈親子のふれあいと絆を大切にするネットワーク〉の面会交流支援のお手伝いをしています。

活動メンバーは弁護士や調停委員ではなく一般の経験者ですので、当事者の気持ちもよくわかり、面会時の心配りには学ばせていただくところがたくさんあります。

家族

支援を必要とされる方々はまだこのイラストのように面会することはできません。

しかし、支援を利用してでも面会は必要だと考えてくださっている非常に志の高い皆さまだと思います。

なかなかできることではないので、カウンセラーの立場としても素晴らしいなぁと思っています。

 

私の役割は当日お子さまの受け渡しがスムーズにおこなわれるお手伝いと、別居親さんが面会中の時間を利用し、同居親さんの気持ちに寄り添いお話をお聞きすることです。

これからの面会がさらに良いものになりますようにとの想いを込めています。

 

ご両親の不安や心配を軽減するため、スタッフが面会場所の下見を繰り返し、引き渡しのシュミレーションをし、当事者との事前面談をします。

当日受け渡しの時など細心の注意を必要としますが、お子さまが別居親さんの顔を見て少しはにかみながらもすごく嬉しそうな表情をするのを見られることは役得だと思っています。

 

面会交流についていろいろな意見があることは感じながらも、最終的には支援の必要が無くても面会できる状態になるまで、寄り添い見守らせていただきたいと思います。

裁判所で決められたからではなく、普通のあたりまえのことになりますように。

 

面会交流支援 日本ファミリービジテーションセンターの本部は半田市にありますが、名古屋の方の支援もお受けしています。

区役所に離婚届を取りに行くと、養育費と面会交流についてどんな案内をしてくれるのだろう?

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

最近はどんな感じなんだろう?

10月1日に法務省の「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」も作成され、それが地元の区役所でどんなふうに紹介されているのだろうかと疑問に思い、離婚するふりをして区役所を訪ねてみました。

法務省離婚手引き

 

フロアで案内しているおじさんが

「何かお探しですか?」と親切に声をかけくれました。

棚には見当たらないので

「離婚届はどこにありますか?」と聞くと

「それは5番の窓口でお出ししますね。」

といって案内してくれました。

書き損じた時用に2枚の離婚届と書き方の説明書をくれました。

もちろん書き方は知っていますが、知らないふりをしていると、

「未成年のお子さんはいますか?」と聞かれたので、

「はい。」と答えました。

「親権はどちらか決まっていますか?」

「はい、私です。」

「ここに名前書いてくださいね。印鑑押してくださいね。証人も印鑑いりますからね。」

説明が右ページに移ったので、「ここはどうするんですか?」と聞いてみました。

IMG_3142

 

「そこはどっちでもいいですよ。書かなくても関係ありませんよ。」

決めても決めてなくても離婚できるのかもしれませんが、

「子どもさんにとって大事なことですから、これを見てよく考えてくださいね。」

と言って、「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A」を渡してほしいです。

中には「子どもの養育に関する合意書」と記入例もあります。

棚にはどっさり入っています。

書いてあるでしょ、置いてあるでしょ、じゃなくてせめてセットで渡すことにしてください。

できれば一言添えていただけるとありがたいです。

情報があふれている時代ですが、必要な情報が取れていない人もいますので、役所の皆さま、よろしくお願いします。

 

離婚を決断され、未成年のお子さんがいらっしゃる方はよくご検討ください。

結婚がゴールではなかったように、離婚もゴールではありません。

 

ふんわりリボン夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

ふんわりリボンブログ 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

ページの先頭へ戻る