お母さん、取扱説明書があるなら結婚前にくださいね

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

「妻が何で怒るのかさっぱりわかりません。」

男性の相談者からよく聞かれる言葉です。

 

そして、男性が最も嫌いで苦手なのが女性にギャーギャー言われることです。

ヒステリー

「女心わかってないんだから~」といったレベルから、「一度医療機関にご相談されてはいかがですか?」という深刻な状況まで様々ありますが、恋愛期間には気にならなかったことも、結婚し日常を共に過ごして初めて多くの違和感となるのです。

 

結婚して安心し遠慮が無くなり、家庭で母親にわがままを言っていたのと同じような気持ちで妻に接してしまうために怒られてしまう男性、多いです。

大好きだった彼女は結婚して一緒に暮らすようになったからと言っても、母親ではありません。

 

PMS(月経前症候群)が原因の場合、結婚前だったら「もうすぐ生理だから体調悪いなぁ~」と思い、デートの約束をキャンセルし、会わずに回避することができますが、結婚したら毎日一緒に暮らします。

だからこそお互いの性を知り、話せる間柄が必要だと常々お話ししているのです。

 

男性がぼそっと一言「こんなことになってから、入籍した夜お義母さんに「『娘の取扱説明書渡しとかなきゃいけなかったね。』って言われたことを思い出しました。」

取説

かなり突出した性格があると思われる方でも、短いお付き合い期間、たまにしか会えなかった場合、長時間一緒に過ごすことはあまりなかった場合、結婚前は気にならなかったかもしれません。

恋愛期間は、嫌われたくない、結婚したい、会えている短い時間を楽しく過ごしたいという思いから、頑張って我慢できます。

しかし、長年一緒に育て暮らしてきた親は、気づいていたはずだし、知っていたはずです。

慰める

娘の性格と、その娘と困ることなく穏やかに過ごせる対処方法を。

 

「チョコレート食べたら機嫌直るからね。」

「急な予定変更は要注意だよ。」

「怒り始めたら止まらないから、少しほっといた方がいいよ。」

「忘れたら困ることは紙に書いて張っておいてね。」

「寝て起きたら忘れてるから、腹が立つ気持ちはわかるけど寝かせてやってね。」

些細なことでもいいんです。

母親だから知ってることを娘の夫となる人に、夫になる前に伝えてください。

 

男女の違いもあります。

育った家庭や環境の違いから、常識やあたりまえが違うこともあります。

結婚前に違いを知りすり合わせる気持ちを持つことも、もちろん大切です。

 

少しおばさんチックな発言になりますが、結婚前に相手の家庭を見て、親を見て、親子の関係を見る事は必須にすると良いと思います。(特に母親)

そして、お相手の取扱説明書なるものがあれば、ご両親から必ず引き継がせていただきましょう。

 

ご両親へ

娘や息子の取扱説明書は、結婚前にお相手に渡してくださいね。

 

 

子育てママの応援団「おしゃべりサロン」

パパのぐちや不満を話し、どんどん解決していきましょう。

日時:第一水曜日・第三金曜日9:30~11:45

祝祭日はお休みします(途中入退室OK)

場所:幅下コミセン2階和室

参加費無料

申込み:imaeda@fuufumondai.com

〇月〇日サロン参加希望とお書きください

 

『大人のための結婚教育講座』★第4回

・婚育100年プロジェクト®  妊娠・子育ての時期

・子育て中の夫婦の性の話

日時:5月20日(土)14時~15時30分

場所:ウィルあいち 2階 セミナールーム4

参加費:1000円

申込み:imaeda@fuufumondai.com

〇月講座参加希望とお書きください

 

面会交流支援について

日本ファミリービジテーションセンターで面会交流支援。

夫婦問題カウンセラー参加の面談をさせていただき支援となります。

お問合せお待ちしています。

クリック

夫婦間の今年の汚れ、今年のうちにスッキリしましょう!

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

年の瀬を迎え、今年も残すところあとわずかとなりました。

大掃除もラストスパート、年始の準備などでもお忙しいのではないでしょうか。

 

今年の汚れ今年のうちにキラキラ

ムカつくことがいっぱいあってイライラする、悲しくて寂しくてついつい涙がこぼれてしまう。

このように夫婦の仲が何だかうまくいっていないあなた、スッキリしたいですね。

床掃除

 

ご相談にみえる多くの方はこんなパターン。

妻たちは

「旦那がこんな嫌なこと言うんです。あんな腹立つことするんです。」

「主人とは会話がないんです。何もしてくれないんです。」

夫たちは

「いつも機嫌が悪く、ギャーギャー怒るので、どうしていいかわかりません。」

「何を言っても違うらしく、話しかけられません。」

 

年末年始はお休みの方が多く、夫婦で一緒に過ごす時間が増え、ある意味恐怖かもしれません。

しかし、ピンチをチャンスに変える良い機会でもあります。

洗車

ワックスがけをしながら、黒豆を煮ながら、ちょっとだけ考えてみませんか?

「逆だったらどう思うだろう?」

「この態度をとられた時自分だったらどうするだろう?」

「壁にとまった虫になってこの光景を見たらどう見えるだろう?」

 

相手がなおしたら許してやるなんて言ってないで、自分の気持ちをスッキリ大掃除して不機嫌を捨ててしまいましょう。

ゴミ

年末年始は穏やかに晴れる日が多く初日の出も見られるようです。

あなたが穏やかな気持ちで新年を迎えられますよう願っています。

女スッキリ

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

 

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

子どもは親のまねをしただけなんです。

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

前回の話を読まれた方の多くから「ひどい!」というお声をいただきましたが、次男はひどいことをしようと思ってしていたわけではないのです。

普通の日常をごくごく当たり前に過ごしていただけだと思います。

自分の思っている普通、自分の過ごしてきた家庭、つまり親がしていたようにしただけだったのです。

 

私は結婚し専業主婦となり、すぐに子どもができました。(離婚前の話しとなります)

3人兄弟

 

3歳2歳0歳の子どもを育てるのは大変でしたが、別にあたりまえのことだと思っていたし、私は家事全般が得意だったのでそれは私の仕事だと思って分担するわけでもなくすべてやっていました。

かといって主人が何もしなかったわけではなく、休みの時は子どもとたくさん遊んでくれたし、当然お仕事も一生懸命していました。

 

私も末の娘が1歳を過ぎたころから少しずつ働き始めましたが、主人の生活スタイルは変えないように働くようにしていたので、どれだけ仕事が増えても家のことはほとんどしていました。

幼稚園や学校の事、近所付き合い、子どものお稽古の送迎など、対外的なこともほとんど私です。

 

主人が外で働き家庭の経済的な部分を担い、私が家の中のその他の部分を担う、得意な部分を得意な方が、効率の良い働き方で家族が成り立っていけばいい、協力することで1たす1は2以上の結果を出していると私は考えていました。

 

子どもが高校中学になると必要なものは親の労力より金銭的なものとなり、どれだけ仕事を増やしても家のことは私の仕事だと思い変わらずやっていました。

それがいけませんでしたね。

主人に家のことをやってもらわなかったのと同じように、子どもたちにもやらせませんでした。

子どもたちは家では妻が母が家事をやるものだという常識が身についたのだと思います。

私の実家の母も、主人の実家の母もそうでした。

子どもたちは大好きなおばあちゃんの家に遊びに行っても同じ光景を見ていたのです。

 

その後いろいろあり主人に

「嫌なら俺と同じだけの給料稼いで来たらいつでも変わったるわ。」

と言われ、何もわかってくれていなかったことに失望し離婚への道を進むのですが、解決しない道を選んだためにどんな思いをしたか、どこで間違ってしまったか、どうしたらよかったのかを子どもたちにしっかり伝えていなかったこともいけませんでした。

繰り返すこととなり次男夫婦にも迷惑をかけることとなりました。

 

間違いを訂正する気も直してもらう気もなく離婚の道を選んだので私の中では終わったことにしていましたが、次男が繰り返していることを知り本当に驚き反省しました。

良くない伝統は断ち切りましょう。

お正月話そうね。ごめんなさい。

 

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

 

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

「俺と同じだけ稼いでみろ」ってどう思いますか?

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

育休が終わり子どもを保育園に預け働き始めた妻が、夫に家事を助けてもらおうとお願いすると

「俺と同じだけ稼いでみろ。」

ニヒルな笑い

これってどう思いますか?

 

次男が法事の時、親戚のみんながいる前で嫁にこんなことを言っていると小耳にはさんだので「ぶっ〇す!!」と思いすぐに電話しました。(息子に電話することなんてめったにありません)

 

「ちょっとむかっ〇〇ちゃんに『俺と同じだけ稼いだら家の事やったるわ』って言ったそうだけど、何考えとるのパンチ! 〇〇ちゃんがパートで働きながら家事と子育てしとるでそれだけ働けるんでしょ。あんたの方が給料多いのは当たり前でしょパンチ!パンチ!パンチ!

 

「冗談だってあせるあせる 家のことも少しは手伝うし、子どもとは遊んどるし、〇〇がやった方が上手いし、、、、」

 

「冗談じゃないわむかっむかっ思っとるから言うんでしょ。許さんからねむかっ 電話切ったらすぐ謝りなさーーーいビックリマークビックリマーク

 

 

結婚するまで男女同じように働いていて、同じように収入があっても、結婚することによって男性のもとに引っ越し今までの仕事を辞めざるをえない女性もいます。

結婚で退職せずに済んだとしても、多くの女性は妊娠出産に伴い体調の理由や職場の事情などで一旦中断したり退職したり働き方をパートや時短勤務に変えたりしています。

 

特別な職に就いている女性、特別に能力のある女性もみえますが、平均的に妻の方が収入が低く妊娠出産は妻しかできないので、夫は働き続け妻が積み重ねてきたキャリアを捨てることとなります。

収入だけの事ではなく、大好きだったやりがいのある仕事をあきらめる人もいるでしょう。

 

子育てもひと段落、保育園に預け働こうと思っても前と同じ条件で働けるわけではなく、派遣社員やパート勤務の方が多いです。

 

当然妻の収入は減ります。

仕事を再開しても、産休育休の時に引き受けていた家事育児は変わることなく引き続き、働き者の女性であればあるほど一手に引き受け全力でこなしてしまいます。

専業で家のことをやっている時はできるでしょうが、さすがに仕事と両方は無理です。

 

夫は独身の時も、妻が産休育休の時も、妻が仕事を再開しても、同じように働き続けていますので、キャリアアップもし収入も上がります。

家族の生活の収入基盤なのでそれはそれは責任重大で大変なことは良くわかります。

しかし、ライフスタイルは変化しているのです。

 

妻は生活のため家のローンのため子どもの教育費のために働かなければいけないのかもしれないし、妻自身のために働きたいのかもしれません。

どのような理由であれふたりで決めたことであれば協力し合うのが夫婦です。

 

子どもを産むのがえらいでもなく、収入が多い方が上でもなく、お互いを尊重し夫婦で力を合わせ適材適所力を発揮しできないところは補い合い、家族を作り家庭をつくっていってほしいです。

 

それなのに同じだけ稼いだら家事も分担してやるって、どう思いますか?

 

つづく・・・

 

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

 

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

産後クライシスを知って安心子育て

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

妊娠中、出産後のイライラってハンパないですよね。

「何でこんなに夫にムカつくんだろう?」

大丈夫ですよ、みんな一緒です。

それにはたくさんの理由があり、それがわかれば改善もできます。

 

私の相談室にはたくさんの悩めるご夫婦がご相談にみえます。

出産直後から離婚を考えてしまうほどつらく苦しい方。

妊娠出産時、出産直後の夫の無理解をずっと我慢して、子どもが大きくなるのを待ち離婚を計画される方。

 

でも、「産後クライシスを知っていればこんなことにはならなかったっのに。」ってことよくあるのです。

そして産後クライシスを夫婦で乗り切れば、その後の夫婦関係がぐっと良くなるのです。

夫婦の愛情曲線の変遷

 

少しでも早く産後クライシスを知ってもらい夫婦仲がこじれる前に予防したいと思い、ボランティアで開催しているのが「子育てママの夫婦のお悩み相談サロン」です。

1対1の相談室とは違い2~3名のカウンセラーが複数のママたちとサロン形式でお話ししています。

 

聞けば安心、話してスッキリ!

名古屋にお住まいの方、地下鉄鶴舞線浅間町駅から徒歩4分、駐車場もあります。

幅下コミセンに一度来てみませんか?

無題.jpg1208

 

 

夫婦を歯車でイメージしてみてください

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

夫婦を歯車でイメージしてみてください。

別々に動いていた歯車があるとき出会いひかれ合い、

これからは一緒に動くことを決めてかみ合い動き始めます。

gears-24276_640

最初は新しいし油もたっぷりでスムーズに動きますが、

時が経ち何もしなかったら、古くもなるし油も切れてきます(ギシギシ)。

愛の言葉で油をさしたり、楽しい事をしてメンテナンスしたりが大切です。

一度止まってしまったものを動かすには何倍もの力が必要ですし、

はずれてしまったものを再びかみ合わせるのはさらに大変なことです。

何もしないでじっとして、相手が動くのをただ期待したり、文句を言っても何も変わりません。

そんな時は、自分をパワーアップさせる歯車に力を貸してもらいましょう。

子ども、仕事、趣味、相談相手など、自分が楽しくなり元気が出るものを見つけるのです。

ほら、自分が元気良く動き始めると相手も元気良く動きます(クルクル)。

歯車3

はずれてしまったら無理にはめようとせず、間に入れる歯車を探し、

発想を変え思い切って自分が逆向きに回ってみるのも良いかもしれません。

これでも相手は同じように元気に動き始めます(クルクル、クルクル)。

ギシギシしてしまっているあなたのお話をじっくりお聞きし、

メンテナンスだけで動くのか、どんな歯車をたすとピッタリなのか、

あなたの気持ちを優先させて、でも間違った歯車をはめないように一緒に探します。

「手をつなぐのって恋人同士か不倫カップルだと思っていました。」

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

夫婦手つなぐ

先日ボーイフレンド(?)と街を歩いている時、手をつなごうとしたら、

「不倫カップルと間違われるよ。」って言われました。

「はぁ!?」と思ったけど、そう言えば・・・相談者に言われたことを思い出しました。

離婚の二文字が出ていたところから始まり、態度を改め言動に気を付け少しづつ修復に向かってきたので、

「外でご主人と手をつないでみたら?」と、お話したら、

「えっ??夫婦って手つなぐんですか?手をつなぐのって恋人同士か不倫カップルだと思っていました」と言われました。

そんなことないない

私は相談者の方に、必ず結婚前のお付き合いのデート状況をお聞きしますが、

ほとんどの方が、月一とか週一でお休みが合うとデートして、お食事してセックスもありといった感じです。

それが楽しくって良くって結婚したのに、夫婦になり家族になるとデートもなくなりセックスレスになり関係も冷めていきます。

手もつながず、スキンシップも一切なく、夜いきなりセックスは難しくないですか?

毎日一緒にいる夫婦だからこそ、ハードル高くないですか?

お買い物やお散歩のとき、手をつないだり腕をからませたり、肩をポンポンしたり抱き寄せたり、夫婦は仲良しでいいのです。

できるといいですよね~~~。

・・・それで私はどうしたかって?

もちろんくじけません冗談だと分かっているし、気にせず強行突破ですよね

「仲が悪くない」のは「仲が良い」とは違うのです

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

「夫婦の仲は悪くないんです。子どもとの関係もいいし、日々の生活になにも困ることはありません。」

家族会議kazoku_kaigi

それでも相談したいことがあるのです。

 

言いたいことが言えない。

我慢していることがある。

信じることができない。

 

こういったご相談、結構あります。

これって仲悪くて喧嘩ばかりしているわけではないけど、仲良いですか?

 

思い起こせば、、、、、、私はそれ以上に思っていました。仲が良いと。(少し話がそれます)

 

3人の子育て、家事、子どものお稽古の送迎、お稽古の役員、幼稚園や学校の役員、町内の付き合い、大型犬2匹飼って二度繁殖、木がいっぱいの一軒家の庭の手入れ、パート多数、それでもママ友とのお付き合いは欠かさない超ハードスケジュールの中、主人とは毎晩一緒にお風呂に入りダブルのお布団で一緒に寝て、ラブラブのつもりでした。

 

でも本音をぶつけて喧嘩したことがなかったのです。

毎日お風呂やお布団で二人で話をしましたが、結婚当初から仕事の話は家でしたくないと言われていたのでお互いの仕事の話は避け、私が楽しく友人と過ごす話も好きではないし、娘のバレエの話もいまいちだし、乗ってくるのは息子たちのサッカーの話だけです。

この話は嫌いだろうなと思うと避けていたので、人生について、社会について、考えを話し合うことはほとんどありませんでした。

意見が違うことが解っていましたから。

 

これってうわべだけ仲が良さそうにしていただけなのでしょうか?

今でもあの頃は仲良くやっていたと思いたいのですが、一度食い違い本音を話し出すと修正が効きませんでした。

あれも我慢していた、これも嫌だった、そんな風に考えているとは思わなかった、、、、

「じゃあこの先の長い人生一緒にやっていくよりも別々の道を歩こう」「早く切り替えて新しい道に進みたい」とお互いに納得して離婚しました。

 

離婚相談をたくさん受け考え結婚教育を学んだ今だから、相手を思って合わせることも我慢することも素晴らしいことだよね、それって愛がないとできないよねって思いますが、当時はとてもそんな風には考えられませんでした。

 

四半世紀を子どもとして親と過ごし、次の四半世紀を妻として母として家族と過ごし、最後の四半世紀を一人の人間として生きる道を私は選びました。

誰にも迷惑かけていないかと聞かれれば、そうですとは言い切れないけど、後悔することなく楽しく前を向いて進んでいます。

 

(話は戻り)

結果を心配して思っていることを言えなくて我慢していて辛いなら、言っちゃってください、喧嘩になってもいいんです。いえいえ喧嘩したほうがいいんです。

「何考えてるかわかりません。」より、話すことで相手の考えていることがわかったほうがいいです。

怒らせたらあやまればいいし、間違えたら修正すればいいんです。

毎日普通に暮らしている日々を提供してくれている相手に感謝してください、愛があるからできることです、信じてください。

本当に仲良くなってください。大丈夫です。

毎日いっぱいいっぱい頑張りすぎていませんか?

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

相談に来てくださる皆さまとお話ししていて思うことです。

みんな必死に頑張ってる!

少しでも良くなるようにいっぱい我慢してる!

 

「そんなに一生懸命頑張らなくていいんだよ。」

「もっと適当に手を抜いててごらん。」

 

言うことは簡単だけど、それができないから悩んでいるんですね。

 

頑張ることが良いことだと思っているから、

手を抜くことは悪いことだと思っているから。

 

でも私は頑張りすぎて疲るなら頑張らないでほしいし、我慢しすぎて笑顔が消えるなら我慢しないでほしいのです。

 

パートナーのために良かれと思ってのことだと思いますが、パートナーが一番望んでいるのはあなたの笑顔、あなたが楽しそうにしていること、あなたの幸せだと思います。

 

えらい

 

頑張りすぎて疲れちゃったとき、私なら「あ~~~えら。」「めちゃくちゃえらいわぁ~。」かな。

他の地方のパートナーの場合、ピンとこないこともあるかもしれませんがわかってあげてくださいね。

 

ふんわりリボン10月29日(土)名古屋ウィルあいち結婚教育基礎講座Ⅰ

 

ふんわりリボン夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

ふんわりリボンブログ 「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

 

 

「今日の夜は眠れそうです。いや、今すぐでも眠れそうです」

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

私の年齢が高いため安心されるのか、男性のご相談者がとても多くなっています。

そして男性の皆様の傾向として、

・気持ちが大変優しい

・仕事場では信頼が厚く立場もある

・家のこと子育てを良くできる妻に任せていた

中年男性

つまり、喧嘩することもなく、一生懸命仕事をしていて、家庭はうまく回っていると思っていたら、こんなことになってしまった。

といったところでしょうか。

こんなこととは、

・妻から離婚を言い出される

・妻の浮気が発覚する

・妻が自分には全く興味を示さなくなる

・妻が借金をしている

などなど

こんなことになってしまった原因は人それぞれ違い、ひとつではなく絡み合った原因が複数あります。

「なぜだろう? どうしてそうなったのだろう? どこを直せばいいのだろう?」

誰かに聞いてみたくなると思います。

一番に思い浮かぶのが友人ですが、プライベートを話せるほど仲の良い友人がいないとか、自分が悪い状態であることは知られたくないとか、妻のことを悪く思われたくないなどの理由で話せません。

次に両親ですが、男性も「仕事場では信頼が厚く立場もある」年齢になるころには、親は定年を迎え逆に親に頼られる立場になっていますので、心配かけるわけにはいかないと考え話せません。

夫婦で話し合うことはもちろん必須ですが、湧き上がる思いがありながらも、自分の思いをただぶつけることには不安があります。

そこで自分一人で抱え込み、自分ひとりの思考で一生懸命考え対処してみようと努力します。

仕事では、今までどんな困難も乗り越えてきたからできるはずだと考えます。

それなのに、、、気持ちがうまく伝わらない、なかなか改善しない、ぐるぐるぐるぐる・・・眠れない、となってしまいます。

眠れない状態で、同じ思考の中で、良い状態になることはさらに困難になっていきます。

ひとりで頑張らないで、辛い気持ちを話しに来てください。

自分の生活とは何の関係ない第三者の話も参考にしてください。

一番わかりづらい女心も聞いてみてください。

初回2時間のカウンセリングが終了し、

「今日の夜は眠れそうです。いや、今すぐでも眠れそうです。」

と言っていただきました。

良かった~~~。

次の日にご丁寧なお礼のメールもいただきました。

「久しぶりによく眠れました。・・・自分の思考の変化に驚いています。・・・・・」

大人の男性は本当に頑張っています。

私がお役に立てることがあると思います。

カッコつけなくても大丈夫なので来てくださいね。


夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

勝負に勝ちたいの?仲良くしたいの?

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です

日々の相談から----

「旦那が浮気しています。悪くないんですか!!」

悪いです。

「休みの日にソファーでごろごろしてゲームをしていて、家の事をいっさい手伝ってくれません。ダメですよね!!」

ダメですね。

「妻が子育てが忙しいと10年もセックスを断ってきます。妻としての責任をはたすべきです!!」

そうですね。

その事実だけを取り上げ、どちらが悪いかと聞かれたら、答えは誰もがわかっています。

あなたはどちらが正しくどちらが悪いかの勝負に勝ちたいのですか?

 

それとも仲良くしたいのですか?

勝負に勝ちたいの?仲良くしたいの?

たとえ悪いことを責めつづけ相手に非を認めさせ勝負に勝ったとしても、仲良くはなれないことに気づいてください。

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

 

ページの先頭へ戻る