熟年夫婦だからこそ、妻はセックスレスで悩むのです

NPO法人日本結婚教育協会 性のプロジェクトリーダー今枝朱美です。

 

中高年にもなったらセックスなんてどうでもいいよね。

本当にそうでしょうか?

中高年だからこそ、熟年夫婦だからこそ悩むのです。

 

若いころは子育てに必死でそれどころではなかったんです。

夫がしつこく求めてくるのがうっとおしかったんです。

 

でも、ふと気がつくと子どもは友だちや好きな人と過ごす時間が増え、母はなんだか寂しくなります。

夫に目をやると、性欲は下降気味(もしくは外にパートナーを持っていたり)で求めてくれなくなっています。

このまま一生セックスなしで女を終えるのか・・・

急に不安が襲ってきます。

泣く女

「今までさんざん断わってきたのに今さらなんて切り出せばいいのだろう?」

「女性から誘うなんてはしたないことはできない!」

「断られたらショックで立ち直れない。」

「どうせ私のことなんて女として見ていないに違いない。」

「浮気してるかもしれないから、携帯見てやろうか、鞄や財布を探ってやろうか。」

負のスパイラルに陥ることも良くあります。

すると、、、怒っているとカン違いされたり、知らなくていいことが出てきたり、疑われてドン引きされたり。

結果、いいことにはなりません。

 

世の夫たちに身勝手だと言われても私は応援したいです。

 

どっぷり不倫にはまっている夫も中にはいますが、(熟年夫婦となればその辺は見抜いていると思います)そうでない場合、夫は妻からのアプローチに気づいていない可能性があります。

「それはないでしょ。私ちゃんと誘ったもん。」

いえいえ、鈍感な夫は本当にわからないのです。

 

涙をいっぱい流し夫婦相談にみえた奥さまがいました。

「私何度か誘ったのになくって、もうできないのかと思ってあきらめていました。

そうしたら会社の付き合いだとか言って風俗に行っていたのが発覚したんです!

私ずっと我慢してたのにこの人は自分だけしてたんです。ゆるせません!!」

夫は「誘われた記憶はありません。妻はそんな気はなくなったんだと思っていました。」

 

せ つ な い

 

こういったすれ違いはよくあることです。

2~3回誘って断られるとくじけるのです。

辛いですよね、その気持ち良くわかります。

 

でも、皆さんよくご存じのとおり、男性は女性に比べて察する能力が圧倒的に劣っています。

そして酔っぱらっていることも多いし、コロッと眠りにつくことも多いです。

また、ちょっと頑張れる自信のない時は聞こえなかったふりもします。

都合の悪いことは記憶から消えてしまうという特性も持っています。

 

この先の長い人生を夫婦で楽しむために、一度気持ちを伝えてみましょう。

相手を責めるのではなく、自分の気持ちを素直に話してみるんですよ。

そして最後に「久しぶりだけど今週末しようね♡」って言ってください。

 

う~~~ん、難しいですか・・・

じゃあ、私のところに相談に来てください。

夫婦の数だけ解決もあります。

あなたが「それなら言える!」ってセリフを一緒に考えますから。

そしてくじけそうになっても、達成するまで何度でも作戦を考え励まし続けますからチョキ

 

奥さん、男性はセックスに何を求めると思いますか?

NPO法人 日本結婚教育カウンセラー協会®

『こどもから大人まで 性のステキを学べる聞けるプロジェクト』

 今枝朱美です。

 

セックスレスというと、夫が育児に疲れた妻に断わられそのまま何となく…という図を想像されると思います。

ということは男性が相談に来るのかと思いきや、私のところには女性もたくさん相談にみえます。

 

もちろん私が女性だから相談しやすいことはあると思いますが、その他考えられることは、男性の性欲は精神的なことよりも肉体的なことの方が強いため、風俗とか自己処理で解決できる部分もありますが、女性の場合セックスレスは精神的に満たされない部分が多いので自己処理では解決しないからではないかと思います。

 

女性だってセックスしたいですよね。

そこで、ご主人とのセックスレスを何とか解消したいと思っているあなたへ。

 

男性は射精したいだけだと思っていませんか?

「そんなこと思っていません。愛情だって必要でしょ。」

「そもそも性欲が無いから困ってるんです~。」

そうでしょうそうでしょう。

でもそれだけではなかなか理解し合えません。

 

女性に比べると分かりやすくて単純と言われる男性ですが、男性にもいろいろな思いがあるです。

 

そこでセックスレスを何とかしたいと思っている奥さんに質問です。

「男性はセックスに何を求めると思いますか?」

 

男性のセックスは性欲の解消ではありますが、性欲と言っても射精したいだけではなく、征服感(従わせたい)、背徳感(やってはいけない)、充実感(感じさせた)などの満足も求めます

それらが満足することで、その相手に愛情を感じます。

つまり、それらが思うようにならない相手では性欲が解消しないし満たされないので愛情も感じないのです。

ですから繰り返しセックスする気にはならないのです。

 

あなたはそこを満足させてあげていますか?ご主人に満足してもらっていますか?

付き合い始めは好奇心もあり、恋愛時代は征服感・背徳感・充実感も満足して結婚したのですが、結婚生活何年もたつと徐々に無くなってきてしまうのです。

 

どうして無くなってしまうのでしょう?

 

征服感:結婚したのだから自分のものにして思いがかなってしまったわけですよね。その上に妻の方もそれに甘んじて専業主婦なのに家事もしないで「養って~」って感じではいけません。逆に忙しいからと毎日毎日ギャーギャー怒ってばかりでもいけません。SM嗜好でもない限りそんな妻を従わせる気力は起きません。

「こんな素敵な女性が妻になってくれて幸せ、どこにもいかないようにさらに大切にしなければ」と思ってもらえるようになりましょう。

 

背徳感:見てはいけないから見たくなる、してはいけないからしたくなるわけですから、だらしないことをしていてはいけません。下着が丸見えとか足を開いて座るとかお風呂上りに裸でウロウロするとかはダメです。見えそうで見えない、チラッと見えるはOK。

浮気することで背徳感を満たそうとする発想に及ばないようにも気をつけたいところです。

 

充実感:結婚前はあんなに嬉しそうだったのに…、実際嬉しかったと思います。セックスレスになる前、だんだん相手に会わせるのも面倒になってきて「早く終わらないかな。」「いまいちだな。」と思っていませんでしたか?伝わりますよね。

セックスレスの状態で伝えるとするならば「あなたがしてくれて嬉しかった~」「あなたって上手~」「すご~い」を積み重ねましょう。

 

女性は「愛しているから抱かれたい」「セックスで自分の魅力を証明したい」「心がつながっていることをセックスで確認したい」と考えます。

つまり愛情の確認をするためにセックスをして快楽を得ます。

男性いろいろな快楽を満足させてくれる相手に愛情を感じます。

 

この違いを知ることがセックスレス解消の第一歩になるのではないでしょうか。

「私の事好きじゃないから求めてこないんだ。」ではないかもしれません。

あなたの頭と心でご主人の気持ちを判断してセックスレスの原因を決めつけないでくださいね。

 

セックスレスの原因はその他にもいろいろあります。

ですから対策もあなたたちご夫婦の状況によって違ってきます。

ちょっとした一言でコロッと解決する場合もあれば、原因を見定めどの方法が効果が出るのかじっくり時間をかけて取り組まなければならない場合もあります。

自分一人では難しくて心折れてしまうと思ったらいつでも相談に来てくださいね。

想いがかなうまで一緒に頑張りましょう!!

 

 

 

ふんわりリボン夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

ご相談のご予約はこちら

 

ふんわりリボンブログ 困った夫婦問題、私と一緒に考えよ♪

性の問題以外のブログはこちら

 

ページの先頭へ戻る