キャンペーン 離婚前のお父さんお母さん相談 50%OFF

コロナ感染予防のための緊急事態宣言も解除され、お仕事の方は少し落ち着き子どもたちの学校も6月から始まり、通常の生活ができることや学校や給食があることのありがたさをひしひしと感じているのではないでしょうか?

結論を急ぐ必要は全くありませんが、ここで少し保留にしていた離婚に関する夫婦や家族の問題に真剣に向き合ってみることをお勧めします。

 

ぴかぴか (新しい)新しいキャンペーンのお知らせぴかぴか (新しい)

離婚前のお父さんお母さん相談 50%OFF!!

料金 : 通常初回2時間20,000円⇒10,000円(夫婦同席も同じです)

期間 : 2020年6月16日より8月31日まで

 

対象となる方

 夫婦の協議で離婚をしようと考えている方

 お子さんをお持ちの方

 子どもの利益を最優先したい方

相談内容

 離婚までの子どもの前での夫婦のあり方

 子どもが成人するまでに各段階で考えられること

 養育費についての考え方

 面会交流についての考え方

会う時に決めておくと良い約束事 状況に応じた面会交流の方法 想定されるトラブルを避ける方法

 子どもへの離婚の伝え方(それぞれの状況で異なります)

 離婚後の夫婦の関係について

などなど

子どもたちとも向き合いましょう

子どもたちとも向き合いましょう

チャペル 夫婦間で意見が対立する場合や書類作成など、必要に応じ弁護士や行政書士をご紹介いたします。

 

「離婚前のお父さんお母さん相談」への思い

 

夫婦問題相談室リボーンは2011年5月より始まり、この5月で10年目を迎えました。

2016年リボーンを個人事業として届け出て、毎月約20件の相談を受け続け続けています。

その中で私は離婚後の親子にも関わることとなり、2016年秋より面会交流支援団体 日本ファミリービジテーションサポートセンター(FVS)に所属し支援現場の経験を積み重ねています。

2018年6月にFVSを事業の一つとする一般社団法人FamiliesChangeを立ち上げ、副理事に就任。2020年4月に代表理事に就任。

FVSの面会交流支援回数はのべ250回を超えました。

高葛藤の末離婚となり、養育費や面会交流に四苦八苦している両親を目の当たりにして、離婚前の親教育の必要性を強く感じることとなりました。

不幸になるために離婚する人は誰一人いません。

誰もが幸せになるために結婚し、幸せになるために離婚するのです。

離婚するのですから夫婦の関係性がある程度悪いことは仕方ありませんが、子どものことについてまだ相談する余裕のあるうちにぜひ離婚前のお父さんお母さん相談をお受けください。

離婚調停は意見をすり合わせる場ですが、顔を合わせず調停員を仲介して自分の意見を主張し合う場ですので、ついつい争うこととなってしまいます。

離婚しないに越したことはありませんが、離婚することになったとしても子どもの親として協力し合うためにぜひとも「争わない離婚」を望みます。

 

ページの先頭へ戻る